地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

岡山の地域情報サイト「まいぷれ」

直会(NAORAI)~伝統文化でつなぐ地域の和~

★最新情報です★ NEW!

第二回の神様とご飯を食べようの会は!

4月19日

~子どもたち集まれ~ “福の種(お菓子)まき”開催です。

 

新たな直会として『福の種♪』を行います。

~子ども達にたくさんの福を~

という気持ちを込めて、神様役である備中神楽の皆さんと直会実行委員会メンバーで子ども達にお菓子を振舞います。

 

子ども達へと地域の方や団体の皆さんからの奉納でお菓子を準備させて頂きます。

どれだけたくさん用意できるか!
ぜひ皆さん楽しみにお待ちください!

 

『お参りをして、洗い流す』という意味を込めて!

石鹸づくりのワークショップです♪

直会当日は「母の日」です!


福の種をいっぱい集めた子ども達。

直会の日5月13日は“母の日”です。

せっかく神社に参ったので、お母さんへ自分で作ったプレゼントを贈りませんか?

 

ワンコイン(500円)でお母さんにプレゼント出来るワークショップブースを特別にご用意しました!

石鹸づくりです。

材料はすべて厳選したオーガニックなもの!
小さなお子さんが作っても安心な材料で作ります。

石鹸づくりだけの参加ももちろんOK!
“特別な場所”で“特別な人”に“直会価格”でのワークショップです。

 

 

【自分でつくる!気持ちと香りを込めた母の日プレゼント♪】

★安全安心。好きな香りで石鹸作り
★いつも暖かいお母さんの手。リラックスハンドマッサージ

 

【時間】直会開催時間中(11:00~13:30ぐらいまで)
*石鹸作りは10~20分程度で完成です。
*ハンドマッサージは10分程度です。

 

【費用】各500円
【講師】『ホリスティックアロマケア&ヒーリングサロン ルリユール』の川田りえさん

4月12日

備前国総社宮オリジナル御朱印帳と“直会御朱印”

御朱印帳の表面。
両開きにすると特別な絵柄に!

第一回の直会御朱印です。

今年、備前国総社宮様では、新たな御朱印帳が誕生しました。

インパクト大! の御朱印帳はすでに「御朱印ガール」(御朱印を集める女子の事です)の中でも有名になっているようで、ネット上でも話題になっています。

そんな御朱印帳と共に、5月13日(日)だけの“直会御朱印”が頂けます。

 

【備前国御朱印帳&直会御朱印 :2,000円(※御朱印だけは300円です)】

 

 

4月8日

【特集!】神様奉納演舞

今回の神様は国の重要無形民俗文化財に指定される【備中神楽】です。

総社市を本拠地とする“備中神楽木野山社中の皆様”による奉納演舞です。

 

神楽といえば『面』。

その面は全て木野山社中の方の手によって制作されています。

ご無理をお願いして制作工房へお邪魔させていただきました。

面職人の河原博様は木野山社中の神楽師でもあります。

桐の木から作る面の制作にかかる期間はおよそ一ヶ月との事。

面によっては数ヶ月かかるものもあるそうです。

山中にある工房は自然に囲まれた長閑で空気の美味しいところでした。


”地域の皆様に喜んでいただける歌舞をお届けしたい”と力強くおっしゃってくださいました。

大黒天の舞とともに地域の子どもたちに向けて「お菓子巻き」を盛大に行います!ぜひお誘い合わせの上、ご家族づれでご参加ください!

 

ご予約はこちらから → 第二回直会お申し込みページ

 

☆一部☆直会(NAORAI)神事

 

正式な直会神事を行います。

米、酒、塩、味噌などの基本的な素材と皆さんと一緒に頂くお食事、また今回の目玉お菓子まき用の「福の種」を供えます。

 

☆二部☆奉納演舞

 

【和太鼓奉納】

前回も大喝采だった「岡山学芸館高等学校和太鼓部」の皆さん♪

新年度になって新たなメンバーでの演舞となります。

今回も、直会だけの演舞構成。

約20分間の演舞は体力の限界です。

満身創痍の和太鼓演舞をお楽しみに。

 

【神様登場!備中神楽奉納】

今回の神様は国指定需要無形民俗文化財の備中神楽。

目玉企画の子ども達へ「福の種」が振舞われます。

 

 

☆三部☆豆やの直会特製酵素玄米弁当

 

直会特製弁当はもちろん豆やさん♪

直会のために心を込めて作って頂きます。

新緑の季節の旬の素材がふんだんに入り、最高の酵素玄米が入ったお弁当。

今回も楽しみにお待ちください。

 

そして、お食事を召し上がって頂いた方だけにお渡しする、特別な御守もご準備しました。

どのような御守なのか。お作り頂いた方にお話しして頂きます。

なかなかないチャンスですので、ぜひご予約くださいませ。

 

ご予約はこちらから → 第二回直会お申し込みページ

この記事に関するキーワード

人気のキーワード